STAFF 新大陸で働く仲間をご紹介します

大阪オフィス/社内ディレクター木村 透TORU KIMURA

PROFILE

1986年生まれ、大阪芸術大学芸術学部放送学科卒。

大学在学中から現在に至るまで、約300回以上のイベントをプロデュース。
その中でSNSにおける広報活動の重要性に気付き、新大陸に入社。

現在は大阪オフィスにて社内ディレクターを担当。SNS運用やコンテンツの編集や進捗管理を管理・運営するフロント業務のほか、部署全体のマネジメントにも携わっている。

INTERVIEW

Q 現在担当している仕事内容とやりがいを教えてください

現在は、クライアント・ライター・ディレクター・制作事務との橋渡し的な役割を担う“フロント業務”を主に担当しております。
原稿の校正・コンテンツ公開までの進捗管理など、クライアントの意図が淀みなくエンドユーザーに伝わるように、細心の注意を払って業務に取り組んでおります。

他にも制作事務リーダーとしての業務や、自社用マニュアルの作成など、社内においての更なる業務フロー向上を目指し、日々工夫を凝らしています。

採用された提案が試行錯誤ののちに形となり、社内運営の歯車となった時には、大きなやりがいを感じます。

Q 新大陸に入社したきっかけは何ですか?

1年半ほど求職活動をしていた中で、「WEB・SNS・ライティング・校閲」に携わる仕事を探していました。

特にSNSにおける発信力には無限の可能性があることを実感していましたので、それらを生業としている新大陸に大きな魅力を感じ、応募したという流れです。

もともと文章を書くことが好きだったことも相まって、制作部の募集要項を目にしたときには食いつくように応募ボタンを押しましたね。

Q 新大陸が提供するサービスの魅力は?

「クライアントの魅力を最大限に引き出し、それを広く伝えること」
「後回しになりがちなブログやSNSの更新・投稿を定期的に行うことにより、クライアントの社会的信用度を向上させること」

の2点に尽きるのではないかと思います。

私自身、求職中に新大陸のオフィシャルサイトを閲覧し、「新大陸はきっと良い企業に違いない」と思った最大の理由は、まさに"頻繁なブログの更新履歴”でした。
逆に数カ月単位で更新がストップしているブログなどは、企業価値を下げるものになるとも捉えられます。

その部分を解消し、そのうえで企業の良さを広く伝えていく新大陸のサービスは、社会的にとても価値のあるものだと感じています。

Q 今後新大陸で挑戦していきたいことは何ですか?

WEB・SNSの業務におけるノマド的な強みを生かし、新大陸独自の""全く新しい形の働き方""を構築していきたいと考えています。

業務のクオリティを維持した上で、個々のライフスタイルも尊重されるような働き方ができるようになれば、"スタッフ全体のモチベーション+会社の生産性"もより上がっていくのではないかと考えています。

Q 最後に仕事以外での趣味や休日の過ごし方を教えてください

これといった趣味は特に無いのですが、あえて挙げるなら家族と過ごす時間はとても大切にしています。

妻と息子を連れてサイクリングに出かけたり、公園に出かけたり。
そんな家族と過ごす何気ない時間が、私にとって何よりのリフレッシュになっていますね。

新大陸のサービスのご紹介

新大陸ではソーシャルメディアを活用した見込み客の獲得をはじめとした
様々なWebサービスを提供しています。詳しい集客方法やサービスをまと
めたWebサイトをご用意していますので是非ご覧ください。